H.I.S. オーロラ紀行

オーロラ紀行

フィンランド、スウェーデン・ノルウェー、
アイスランド、グリーンランド、カナダ、アラスカなど、
人気の観賞地別にオーロラツアーの魅力をご紹介します。

オーロラとは?

極地地方で見られる発光現象『オーロラ』の語源は、古代ローマ神話の『夜明けの女神』の名前からとったものです。その名にふさわしく夜空に繰り広げられる神秘的な光の舞はとても幻想的です。この現象は太陽から放出されたプラズマが、空気中の酸素や窒素などの原子と衝突する際に引き起こされる放電現象とされています。地球がこれらのプラズマを引き寄せる力の強い(磁気の強い)オーロラの発生地をオーロラベルトと呼び、地球の地軸(磁極)を中心にドーナツ状に取り巻いているため、北緯65~70度周辺がオーロラ観賞に適していると言われています。

オーロラを楽しむためのポイント

オーロラ観測を楽しむためには、まずは基礎知識を知っておきましょう。
そして、オーロラ観測やスノーアクティビティを楽しむための防寒対策も忘れてはいけません。
最後は記念になるオーロラの写真をきれいに撮影できれば、満足のいくオーロラ観測になるはずです。

  • オーロラの基本的なことを知ろう!

    オーロラ(イメージ)

    観測時にオーロラの基礎知識を知っておけば、違った角度からオーロラの魅力、宇宙の神秘を感じとることができるでしょう。

  • オーロラ観測時の服装は?

    防寒具(イメージ)

    オーロラ観測で一番気がかりなのが服装です。しっかりとした防寒対策が必要になります。

  • オーロラ撮影時のコツを教えます!

    カメラ(イメージ)

    目の前に広がる美しいオーロラを、言葉では表せない感動と共に写真に残したい!思い出に残る一枚を撮影してください。

レベル別に見るオーロラの違い

  • LEVEL1(イメージ)

    LEVEL1オーロラがとても薄く、肉眼では見える人と見えない人がいる。

  • LEVEL2(イメージ)

    LEVEL2明るさが弱く、鮮明ではないがオーロラを確認できる。

  • LEVEL3(イメージ)

    LEVEL3オーロラが明るくはっきりしており、動きも確認できる。

  • LEVEL4(イメージ)

    LEVEL4カーテン状の明るくはっきりとした動きのあるオーロラを頭上又はそれに近い角度で確認できる。

  • LEVEL5(イメージ)

    LEVEL5動きのある活発なオーロラを頭上ではっきりと確認できる。オーロラ爆発現象(ブレイクアップ)も見ることができる。

カナダ・アラスカ・北欧オーロラの違い

気温 冬-15℃~-25℃前後、夏5℃くらい冬は非常に低いため、専用の防寒具が必要。
(※滞在中は防寒具セットを無料レンタル)
最も見える時期 22~26時頃
観測場所 オーロラ専用施設で観賞
観測確率 いずれも90%を越える観賞率!
イエローナイフなら3日間滞在していれば、昨冬は92%の確率で最低でも1日は観測可能。
※オーロラビレッジのスタッフの記録をもとに数値化
オーロラ以外の
楽しみ方
自然を楽しむ夏:黄葉や紅葉ハイキング、野生動物観察など
冬:温泉、犬ぞりやスノーシュー体験、アイスフィッシングなど

とにかくオーロラを滞在中何回も見たい!

気温 フィンランド-10℃~-15℃、アイスランド約0℃比較的気温が高いので、お手持ちの冬服でほぼ間に合います。
最も見える時期 20~23時頃(比較的早い時間に見られる)
観測場所 ホテル敷地内や徒歩圏内で観測可能
観測確率 3日間の滞在で少なくとも1回は観測可能。※H.I.S.のツアーでは滞在中平均3回のオーロラ観賞を設けております。
オーロラ以外の
楽しみ方
オシャレな市内観光やショッピング、犬ぞり(フィンランド)、温泉(アイスランド)など、昼間のアクティビティが充実。

オーロラを見たいし観光も楽しみたい!

オーロラツアー

フィンランド森と海に囲まれたサンタクロースの故郷

スウェーデン・ノルウェー山や海とオーロラを写真におさめるチャンス!

アイスランド火山と氷河と温泉が楽しめる魅力溢れる国

カナダカナダ北部ならオーロラ遭遇率が抜群!

ご希望の日程でツアーを検索

海外ツアーでは混み合う日付でも、海外航空券や海外航空券+ホテルなら空席がある場合も!今すぐ検索♪

ページトップ